サウナブログ

サウナと美肌:サウナがもたらす肌への驚くべき効果とスキンケアのポイント

サウナブログ

サウナ愛好家の皆さんこんにちは!
今回はサウナには美肌効果がある?美容に良いって本当?といった声が多く、サウナと美肌、美容効果を得るためには何が必要かについて紹介してみたいと思います。

サウナで得られる美肌、美容に良い効果とは

血行促進による効果

サウナは美肌と美容に効果的な方法の1つとして注目されています。サウナに入ることで身体が温まり、血管が拡張され体内の血流が良くなり、酸素や栄養素が効率的に供給されます。
血行が促進されることにより、身体の細胞が活性化されるので身体のいろいろな器官が改善されます。

発汗による効果

サウナで身体が温まり、汗をかくことで皮脂や汚れなどの老廃物や余分な塩分、毒素が排出されます。このように新陳代謝が活性化されることにより身体の健康を促進します。その結果、肌のキメが整い、透明感のある美肌を手に入れることができるでしょう。

ストレス改善による効果

サウナによるストレス解消効果も美容に良い影響を与えます。ストレスが軽減されることで、肌荒れやシミ、シワの改善にも効果的です。
特に自律神経をととのえる効果があると言われており、サウナ→水風呂→休憩というサウナの入り方により、交感神経と副交感神経が交互に刺激を受け、自律神経が整うことでリラックス効果を得ることでストレスが軽減されるということになります。

美肌、美容効果を高めるためにサウナ前にやるべきこと

水分補給

サウナに入る前には、適度な水分補給が大切です。
サウナに1回入ると300~400ml程度の身体の水分が失われます。十分な水分を摂ることでサウナでの脱水症状を防ぎ、血液の循環を促進します。脱水症状になると血流が悪くなるので、必ずサウナに入る前に水分をとりましょう。
目安としては消費する水分程度が良いでしょう。サウナに入る少し前に飲むのが理想ですが、サウナ前は身体を清めますのでそこまで時間を気にすることはありません。

肌を清潔に。サウナでは肌を守る意識をする

サウナに入る前はメイクや日焼け止めなどの化粧品をしっかり落とし、肌を清潔な状態に整えましょう。
肌に負荷をできるだけかけない状態でサウナに入ることで汗をたくさんかくことができるでしょう。

美肌、美容効果を高めるためにサウナ後にやるべきこと

身体を冷やす

サウナから出た後は、すぐに水風呂、冷水シャワーで体を冷やしましょう。毛穴が引き締まり、肌の引き締まった感じを得ることができます。

しっかり保湿ケア

しっかり保湿ケアをしましょう。サウナ後は肌がとても乾燥した状態になります。特に顔は最も肌が薄く乾燥に弱いです。サウナ後は、保湿力の高い化粧水や乳液をたっぷりと肌に塗り、乾燥から肌を守りましょう。

適度なリラックス活動

リラックス効果を高めるために、マッサージやヨガなどのリラックスする活動を行うことで筋肉が刺激され、自律神経がさらにととのいます。

美肌、美容によいサウナとはどのようなサウナか。サウナの選び方

美肌や美容効果を高めるためには、適切なサウナを選ぶことが重要です。まずは、清潔な施設を選びましょう。清潔な環境でサウナを楽しむことで、肌トラブルを避けることができます。また、温度管理がしっかりとされているサウナを選びましょう。高温多湿の環境が美容に良い効果をもたらします。さらに、アロマやハーブを使用したサウナなど、肌に優しいオプションがあるとさらに効果的です。

ドライサウナ

銭湯などの温浴施設で最も一般的なサウナ。80℃~100℃と高温で乾燥しているのが特徴的です。
乾燥している分、汗がかきずらいという面はありますが、しっかり汗をかくことで美肌効果が期待できます。

ミストサウナ、スチームサウナ

温室内の湿度が高いサウナ。温度は40℃~60℃と高温ではありませんが、湿度が高いことで肌に潤いを感じながら温まることができるので、美肌効果が期待できます。

フィンランド式サウナ

フィンランドで一般的なサウナの形態のことを指しますが、サウナストーブの上にサウナストーンを並べ、空気とサウナストーンを熱し、ロウリュで蒸気を発生させることで、熱い空気と蒸気で体を温めます。温度は80~90℃程度が一般的です。湿度も高く、高温な室内で汗をかくことでこちらも美肌効果が期待できます。

おすすめ肌ケアアイテム

まとめ

サウナは美肌や美容に効果的な方法として注目されています。適切な前処理やアフターケアを行うことで、サウナの美容効果を最大限に引き出すことができます。清潔な施設を選び、適切な温度管理がされているサウナを利用することがポイントです。美肌を手に入れたい方は、ぜひサウナを取り入れてみてください。